残薬整理事業

※この事業では、残薬の定義を以下のとおりとします。

  • 現在服用している薬
    処方された薬以外に2週間以上残っているものを残薬とします。
  • 現在服用していない薬
    現在服用していない薬は残薬とします。

事業概要

福島県薬剤師会では、福島県の委託を受けて『残薬整理事業』を実施します。
事業実施期間は令和2年10月から令和3年2月中旬まで。

事業概要

地域薬剤師会の相談窓口について

事業の流れ

Ⅰ 患者への声かけ

Ⅰ 来局した患者(家族等)に、飲み忘れ等で大量に残ってしまっている薬はないか、声かけする。

患者への声かけ

Ⅱ 自宅訪問の可否を確認

Ⅱ 残薬整理のため、自宅を訪問してよいか確認する。

自宅訪問の可否を確認

Ⅲ 残薬整理バッグを渡す

Ⅲ 「残薬整理バッグ」を渡し、次回来局時に残薬を入れて持参いただくように依頼。

残薬整理バッグを渡す

 

Ⅳ 次回来局時に残薬整理バッグを回収し、残薬を整理する。

Ⅳ 次回来局時に、持参した「残薬整理バッグ」を回収し、残薬を整理する。

次回来局時に残薬整理バッグを回収し、残薬を整理する

患者が持参した残薬について整理する

  • (例)すでに発生している残薬の整理
    • 使える薬と使えない薬とを仕分けする(使えない薬は廃棄する)
    • 使える薬を服用時点ごとにまとめて一包化する
    • 使える薬の分を処方日数調整する(医師への疑義照会)
  • (例)今後、残薬が発生しないための方策の検討
    • お薬カレンダー等の活用
    • 服用方法の提案(剤形変更、服用時点変更等)
Ⅴ 残薬整理報告書を提出する。

Ⅴ 残薬を整理した状況について、各地域薬剤師会に報告する。
【様式7】残薬整理報告書

残薬整理報告書を提出する