オンライン診療に伴う緊急避妊薬の調剤に関する研修会 ※2021.12.16UP

2022年1月13日

目 的

 「オンライン診療の適切な実施に関する指針」(平成30年3月厚生労働省、令和元年7月改訂)において、緊急避妊に係る診療については、産婦人科医または厚生労働省が指定する研修を受講した医師が初診からオンライン診療を行うことは許容され得ると見直されました。これを受け薬局におけるオンライン診療に伴う緊急避妊薬の調剤は、その薬剤の特性、患者の状況等に鑑み、患者は研修を修了した薬剤師による調剤を受けることが求められていることから、対応できる薬剤師を養成し応需体制を整備するため研修会を開催する。

開催日時

令和4年2月6日(日) 13時~16時30分(予定)

受講方法

ウェブ開催(Zoom)

受講要件

⑴ 調剤応需可能薬局・研修修了者として、厚生労働省ホームページへの情報公開に同意いただける方

⑵ プライバシーへの十分な配慮や服用するための飲料水の準備等を行うため、これらの対応が可能な薬局の薬剤師

⑶ 上記⑴及び⑵について、開設者の同意が得られている方

受講料(資料代含む)

5,000円
【会員】 2,000円(割引△3,000円)

※受講料は、事前払いとさせていただきます。申込み締切後(1月17 日予定)、払込票を送付いたしますので、令和4年1月31日(月)までにお支払いくださいますようお願いいたします。
 なお、研修会当日受講されなかった場合でも受講料の返金はございませんので、予めご了承願います。
※受講料の徴収にあたりましては、ヤマト運輸の収納代行サービス(ヤマトフィナンシャル)を利用しておりますため、払込票の加入者名が「ヤマト運輸株式会社」となります。

定 員

300名(会員優先)※福島県内に勤務している薬剤師に限る

研修内容

1 オンライン診療の適切な実施に関する指針と緊急避妊薬の調剤について

2 オンライン診療に伴う緊急避妊薬処方上の留意点
 ⑴ 緊急避妊薬全般
 ⑵ 月経・月経異常・ホルモン調節機序
 ⑶ OC全般・避妊

3 オンライン診療に伴う緊急避妊薬の調剤について
 ⑴ 薬局での調剤の手順について
 ⑵ 患者対応等について

※日本薬剤師会・帝京平成大学・帝京大学作成のDVDにより実施します。

受講申込み期間

令和3年12月16日(木)~令和4年1月12日(水)必着

受講申込みを締切りました。多数のお申込みをいただき、ありがとうございました。※2022.1.13Up

その他

・ 既に本研修を受講し、修了証をお持ちの方は、再度受講の必要はございません。

・ 受講の可否は、申込締切後(令和4年1月14日予定)、メールにてご案内します。

・ 日本薬剤師研修センター発行の研修受講シールの交付はございません。


【情報提供書等様式】

・ オンライン診療における緊急避妊薬の調剤の手順(イメージ)(厚労省HP) ※2021.6.7Up

・ 様式2/緊急避妊薬に関する薬剤師の対応手順(厚労省HP) ※2021.6.7Up

・ 様式3/お薬情報提供文書(オンライン診療)【WordPDF】 ※2021.6.7Up

・ 様式4/緊急避妊薬に関する服薬情報提供書(薬局薬剤師→医師)【WordPDF】 ※2021.6.7Up

・ 研修修了者名簿 変更届 【WordPDF】※福島県薬剤師会での研修受講者用

「オンライン診療の適切な実施に関する指針」に基づく薬局における対応について(厚生労働省HP)


【これまでの研修会開催実績】

 令和2年度/令和2年12月6日(日)13時~17時 研修修了者 243名